大和郡山


奈良盆地を一望する丘陵地にある柳沢氏十五万石の藩都
城下町の町割りを残し 静かな佇まいをみせる町




 

 


 

大和郡山のまちあるき


大和郡山は、奈良盆地を睥睨する丘陵地に築かれた郡山城と中核にして、豊臣秀吉の弟秀長により城下町の基盤が造られました。

戊辰戦争においては新政府側についたため町は戦場にならず、戦時中の空襲にも見舞われなかったため、郡山の町は城下町時代の町割りをよく残しています。また、明治期以降は大きな火災もなく、町のあちこちに豪壮な商家を見ることができます。

関西の都市圏にある城下町都市の中では、最も城下町の佇まいを残している町だといえます。

旧町屋町を貫通して道路を拡幅する都市計画道路事業が進められていますが、立ち退く家屋は町屋風に再建されていますし、かつての外堀を「外堀緑地」として再整備・保存する試みも行われています。
行政の町並み保存への意気込みが感じられます。

 


 

地図で見る 100年前の大和郡山


現在の地形図と約100年前(明治41年)の地形図を見比べてみます。


明治期の地形図をみると、郡山城が丘陵地の南端に築かれていることが分かります。
本丸の西や南の丘陵地部分がかつての武家屋敷地、本丸の東に黒くみえるのがかつての町屋町で、城下町の低地にあたる場所に配置されています。

この地形図が整えられた明治41年時点で、既に開通していたJR大和路線は城下町の東外れを通っていて、約15年後(大正10年)に開通する近鉄橿原線は、この地形図には描かれていませんが、城下町の真中を南北に貫く形で敷設されたことが分かります。

基本的に、明治末期から今日まで、市街地はさほど大きく広がっていません。
丘陵地に郊外型住宅地が開発され、稗田集落の北側など低地にもいくつかの宅地が広がっているのが見てとれます。

稗田は代表的な環濠集落のひとつです。
環濠集落は大和盆地に数多く見られたが集落形態ですが、現在まで往時のままの環濠を残しているのが、稗田集落だといわれています。

もうひとつ、大和盆地に多く存在することで有名なのが溜池です
地図上では少し分かり難いのですが、平成11年の地形図の新木町周辺には夥しい数の溜池が描かれています。
これは金魚養殖用の溜池で、明治期に水田だった場所を溜池に転用していることが分かります。


 


 

大和郡山の歴史


戦国時代、大和の覇権は筒井順慶と松永久秀の二者で争われますが、天正五(1577)、織田信長の信貴山攻めにより秀久は自害し、以降、順慶が大和一円の支配者となり郡山城を築くことになります。

しかし、順慶没後の筒井氏は秀吉により伊賀へ転封させられ、これに代わり、秀吉の弟秀長が大和、和泉、紀伊の三国百万石の太守として郡山に入部します。
秀長の治世の6年間において、城下町郡山の中心部は整えられたといわれています。

文禄四年(1595)、五奉行のひとり増田長盛が二十万石で入部し、郡山城を惣構の構造にするため外堀の普請に着手します。
この時、秋篠川を直角に曲げて佐保川と結び、秋篠川の旧河道を外堀として活用してその内側に土居を築いたといわれています。

徳川幕府成立以降は、有力な譜代大名が入れ代わりこの地を領することになります。

猛将として知られた水野勝成が三河刈屋から六万石で入部したことに始まり、松平(奥平)忠明が摂津大坂から十二万石余、本多政勝が播磨姫路から十九万石、松平(藤井)信之が播磨明石から八万石、本多忠平が常陸宇都宮から十二万石余で相次いで入封しますが、享保九年(1724)、甲斐府中(甲府市)から柳沢吉里が十五万石で入部し、以降維新まで六代約150年間にわたり柳沢家が藩政をしきます。

郡山城は、西の京丘陵の南端におかれ、惣堀で囲まれた城下町のうち、丘陵地部分に武家屋敷地、南東の平坦地部分に町屋町が配されました。
順慶の治世には既に本町など数町が成立し、定期市が開かれていたとの記録が残ります。

増田長盛の治世には城下町の基盤は成立していたと考えられており、本多政勝の時代に城下町規模は最大となり、家屋数約5000、総人口は2万5千人余りと推定されています。

廃藩置県の後は郡山県となり、のち奈良県、奈良府、堺県、大阪府などに編入される紆余曲折を経て、再び奈良県となります。

明治23年の暮れ、大阪鉄道(現 JR大和路線)が城下町の東の外れに開設され、明治40年には国有化され関西本線となります。一方の近鉄橿原線は、大正10年に大阪電気軌道畝傍線として西大寺〜郡山間で開通し、その後、関西急行鉄道を経て昭和19年には近畿日本鉄道となります。

昭和29年に市制施行した際、福島県の郡山市と区別するために「大和郡山市」と定められ、現在の人口は約9万人で、奈良市を除くと、ベッドタウン都市の生駒市や橿原市に次いで県下3番目の都市となっています。

大和郡山は金魚養殖が盛んな町として知られています。

江戸期、柳沢吉里が甲府から持ち込んで以降、武家の副業として養殖が行われてきたようですが、維新後、禄を失った藩士や農家の副業として盛んになります。
水質に恵まれた農業用溜池が数多くあったという地理的条件も重なり、年々生産量は増大して、昭和40年代には海外にも輸出されて国内生産の大部分を占めるようになります。

日本の金魚三大生産地は、奈良県大和郡山市、愛知県海部郡弥富町、東京都江戸川区春江町といわれています。
現在では生産量日本一の座は愛知県海部郡弥富町に譲っていますが、弥富町の金魚養殖も、大和郡山の金魚行商人から地元の人が金魚を買って飼育したのが始まりといわれています。

 


 

大和郡山の立地条件と町の構造


郡山城は、奈良盆地の西方に位置して、北西から延びる西ノ京丘陵の南端、大和盆地を北から南まで一望できる高台に築かれました。

丘陵の東には、西大寺方面から南流する秋篠川と奈良方面から流れてくる佐保川が城の北東部で合流し、丘陵の西には富雄川が南流して、ともに斑鳩の手前で大和川に合流しています。
秋篠川が、佐保川と合流する手前で不自然に曲がっているのは、増田長盛が城下町を惣構にする際に河道を変えたことによることは既に述べました。

また、秋篠川沿いには郡山街道が西大寺を経て木津まで通じており、佐保川沿いには奈良への街道が通じ、南へは下街道が大和高田を経て五條に至り、大和郡山は大和盆地の交通の要所でもありました。

郡山城郭や武家屋敷地の中心部は、丘陵先端部の約1キロメートル四方に展開しており、東西南方向からは小高く、北から延びる丘陵とは大阪口から切れ込む谷筋で分断され、天然の要害の地でもありました。

西ノ京丘陵の地形をみると、丘陵全体は南北方向に展開していますが、西斜面に比べて東斜面の侵食が著しく、西から東に向けて下る複雑な谷筋地形が数多くあることが分かります。
城郭のある独立丘陵は、大職冠のやせ尾根により西ノ京丘陵と繋がっていますが、城の内堀や中堀は、西斜面の複雑な谷筋地形を上手く活用することで築造されたと考えられます。


大和郡山には、江戸末期に作成された城下町の絵図が数多く残されているため、城下町時代の町割りを克明に知ることができます。

戊辰戦争においては新政府側についたため町は戦場にならず、戦時中の空襲にも見舞われなかったため、郡山の町は城下町時代の町割りをよく残しています。
また、延宝年間(1680頃)と元禄年間(1700頃)に、千軒近い町屋を焼失した大火が記録されていますが、それ以降は大きな火災もなく、部分的ではありますが町のあちこちに古い町並みが残されています。


郡山城は本丸を囲む内堀、二の丸や緑曲輪、常盤曲輪などの曲輪を囲む中堀、そして城下町外周を廻る外堀、の三重の堀に守られた惣構えの城でした。

内堀と中堀は、築城以前の複雑に入り組んだな谷筋地形を活用して造られたようですが、緑曲輪など(現 城山高校)の本丸西側は尾根筋にあたるため、この付近の堀は尾根切りの大工事が行われたのではないかと思います。
標高が高いため空堀になっていますが、深さが10m以上はある堀割りは大土木工事であったことが予想され、百万石の太守秀長だからこそ出来たのかも知れません。


本丸東の内堀


城内町の鰻堀池  かつての中堀:


内堀、外堀に比べて外堀は大部分が埋め立てられてしまっていますが、城下町東側の旧町屋町外周には、水路や溜池としてたくさん残っています。
特に、矢田筋の高田町大門跡付近の外堀跡は、「外堀緑地」としてきれいに緑道整備されています。

また、外堀の内側には御土居(土塁)が築かれていたようで、明治41年の地形図では、外堀跡の内側の至るところに土塁が廻っているのが見て取れます。私の歩いた範囲では、郡山八幡宮(柳町四丁目)の裏手にかつての土塁が残されているのが確認できました。


左中:再整備された外堀緑地  右:旧外堀 整備前はこんな状態だったようです


左中:コンクリートで固められた外堀跡  向こうに御土居の名残が見える  右:郡山街道近くに残る外堀跡


市役所前の池  これもかつての中堀跡


本丸には、郡山藩主柳沢家中興の祖 柳沢吉保を祭神とする柳沢神社が明治13年に建立されています。天守台は残されていますが、天守閣はありません。江戸末期の絵図にも描かれておらず、いつの時点で消失したのか定かではないようです。
本丸の西側にあった緑曲輪などの3つの曲輪には城山高校が、東側の常盤曲輪などの跡地には追手門が復元され、明治41年に完成した県立図書館を移築した市民会館があります。

本丸の南側にあった二の丸は藩主の居住場所でしたが、現在は郡山高校が立地していますが、付近にはきれいに整備された石畳と生垣の道、石垣と土手で築かれた深い内堀、そして桜と楠の並木があり、複雑で急峻な地形の中に美しい城郭の佇まいを見せてくれます。


左:本丸に残る天守台  中:本丸門にある柳沢神社鳥居  右:郡山高校(旧二の丸)前の景観


鷺池とよばれる郡山高校南側の旧中堀  天然の谷筋を堤で堰き止めている



城下町は城郭を中心にして四方に展開していますが、その中で町屋町は、南東側の平地部分を切り取ったように区分されています。

現在でも、この境界線の内と外で、町並みの印象は大きく変わります。

柳町や堺町などの旧町屋町では、細い街路沿いに2〜3階建ての建物がびっしりと軒を並べていますが、そこから一歩旧武家屋敷地に入ると、市役所や文化会館などの公共施設がゆったりと配置されており、建物密度の違いがはっきりと分かります。
城下町時代の土地利用がしっかりと継承されているといえます。
また、地形についても、町屋町では平地で道の勾配は全く感じられませんが、ここから近鉄橿原線を越えて旧武家屋敷地に入ると、いきなり眼前に丘陵地が迫り、街路は勾配のきつい坂道になります。


前述したように、城下町には北方に奈良街道(郡山街道)が通じ、南方には下街道が通じていましたが、この2街道を結ぶように、本町、堺町、柳町と続く幹線街路が屈曲しながら町屋町を貫通していました。

これが町屋町の骨格となる幹線街路であり、武家屋敷地との境界をなぞるようにL字型に配され、沿道には大身の商家が軒を連ねていました。
通りには、いまでも往時の雰囲気を色濃く残す町並みが残されています。


左:旧奈良街道(郡山街道)  中:城下町の入口 鍛治町大門跡  右:大和街道から続く鍛冶町の町並み


「箱本十三町」とよばれる町屋町の中で、江戸期の町並みがよく残しているのが本町、塩町、堺町などの周辺です。
「箱本」とは、秀長の造った町屋13町の月別当番制の自治制度で、当番の町が特許状を入れた朱印箱を置き、「箱本」と染抜いた小旗を立てて、全町の治安、消化、伝馬の世話をしたもので、各町が平等に町政に参加する仕組みであり郡山独自のシステムでした。

本町にある中村家は、天明年間(1780年代)の建築とされる元造り酒屋ですが、平入り二階建ての重厚な母屋には、煙出しと袖卯建があり、一階の縦板張りに堅縦格子と二階の白漆喰壁に若干の反りをもった大屋根が印象的ですです。
更地を挟んで東側には板塀越しの松が見事な吉岡家があり、ともに、郡山の代表的な町並みとなっています。



左:本町の町並み  右:吉岡家の商家


中村酒造の大店


堺町と柳町は町屋町を南北に貫通する城下町のメイン街路ですが、いまでも往時の道幅を保っており、所々に古い町屋が残されています。

柳町の北角で柳御門に通じる道沿いの角地に建つのが菊屋です。
大和郡山の名物といえば金魚と城之口餅といわれる有名な和菓子屋で、創業400余年とされる老舗です。かの秀吉も食したいう粒餡入りの餅にきな粉をまぶした和菓子だそうです。



堺町、柳町の町並み


柳町の北角地に建つ城之口餅和菓子屋「菊屋」


欄町辺りにも重厚な町屋がいくつか残されていますが、ここでは都市計画事業による道路拡幅工事が行われており、沿道家屋の立退きや再建が進められています。
なかには築100年近い商家もあり、これらが近く取り壊されると思うと大変残念です。

これら古い町屋の取り壊しには批判が多いようですが、城下町時代からの町割りを残す郡山にあって、幹線道路の拡幅は必要不可欠なものであり、 拡幅後の沿道では町屋風にデザインされた家屋が再建されていて、行政当局の努力は評価したいと思います。

しかし一方で、本町や柳町などの町屋の保存に、より一層の予算と労力を注いでいただきたいと思います。


道路拡幅事業が進む欄町


これらの幹線街路の他に、城下町を東西に貫通する「矢田筋」とよばれる道路があります。
矢田筋は、郡山城の西5kmにある矢田寺に続く参道だったのが、城下町建設時に取り込まれたと考えられ、増田氏による城下町建設以前から既に存在していたのではないかと思います。

矢田寺は、天武天皇の勅願により天武天皇八年(679)に開基されたと伝えられる高野山真言宗の古刹で、正式の寺号を金剛山寺(こんごうせんじ)といい、別名「あじさい寺」とも呼ばれ境内の見事なアジサイで有名です。

近鉄郡山駅とJR郡山駅が、ともに矢田筋沿いに配置されているのは、矢田筋が城下町を東西方向に抜けている唯一の幹線道路であるためだと思われます。


矢田筋沿いの町並み  左:町屋町の矢田筋  中右:武家屋敷地の矢田筋 今でも屋敷の土塀がつづく


この他に往時の町並みをよく残しているのが紺屋町です。

紺屋町は、秀長の時代には既に成立していたといわれる染物職人の集住した町ですが、道の真中には水路があり、かつては十数軒の紺屋がこの水路で藍染め布をさらしていたといわれます。
水路は城下町外堀まで続いていて、道路と交差する箇所では石橋が架けられていますが、いまでは大和郡山の町並みの代名詞ともなっています。

水路は石積みで整えられていますが、この川幅で染布を晒すことは無理だと思います。往時、水路はもっと広く、両側の道路は人ひとりが通れる程度の幅しかなかったのではないかと思います。


紺屋町の町並み


町屋町の外堀沿いには寺町が置かれていますが、その南端に、浄土宗知恩院の末寺 洞泉寺があります。
快慶作(鎌倉時代)と伝わる木造阿弥陀如来立像を本尊とする古刹で、三河国挙母(ころも・愛知県豊田市)にあったのが、天正十三年(1585)に秀長が現在地に移したものです。
元和元年(1615)に水野勝成が廃城同然の郡山城へ入城した時、洞泉寺に仮住まいしたといわれています。

かつて洞泉寺門前には江戸期からの傾城町(遊郭)がありました。

細竪格子を張りめぐらした木造2〜3階建の家屋が狭い路地の建ち並び、いまでも遊郭の面影をよく残しています。ほとんどが明治から大正期に建てられたものですが、いずれも適度に保存されていて住宅として使われているようです。
同様に、近鉄郡山駅の南側で旧城下町外にある東岡町にも遊郭跡があります。


洞泉寺門前に残る遊郭跡の町並み


東岡町に残る遊郭跡


話はさらにマニアックになりますが、西ノ京丘陵から城下町につづく尾根筋に、大職冠藤原鎌足神社という古社があります。

孝徳天皇3年(647)に制定された冠位十二階の最高位を「大職冠」といい、中臣鎌足が死の前日に天智天皇から下賜されましたが、この冠位に就いたのは鎌足一人のため、鎌足の異名ともなっています。
この古社は、郡山に入城した秀長が城の守護神として祀ったものですが、いまでは城下町の西地区に大職冠の地名が広くつけられています。

大職冠の地区の最も高い場所に楠の大樹があります。
幹回り5.7m、樹高25mもあり、樹齢500年といわれていますが、この老大木は城下町の最も高い場所に座しています。
通称「大職冠の楠」は郡山城下町の守護神のような存在だといえます。


大職冠の大楠


 


 

歴史コラム

 

大和郡山の金魚



金魚は中国産のフナの一種で、室町期にすでに日本に伝わったといわれ、 金魚が大和郡山に入ったのは、享保九年(1724)、柳沢吉里が甲府から郡山に転封されてきたとき、家臣の横田又兵衛が持ちこんだと伝えられています。
金魚は、かつては大変な高級魚で、貴族や豪商の愛玩物として珍重されましたが、明治以後は庶民の間でも飼うことが流行するようになります。 幕末の頃になると、藩士の副業として、明治維新後は、職禄を失った藩士や農家の副業として盛んに行われるようになりますが、これには最後の郡山藩主柳澤保申の援助があったことが大きいといわれています。

また、これら歴史的背景に加え、自然条件としては水質、水利に恵まれた農業用溜池が数多くあり、溜池に発生する浮遊生物(ミジンコ類)が金魚の稚魚の餌に適していたことなど、有利な条件が備わっていました。

昭和40年代には、経済発展と養殖技術の進歩に伴い生産量が年々増加し、国内はもとより欧米諸国や、東南アジアなど外国まで輸出されました。

縁日の金魚すくいなどでおなじみの小さな金魚はコアカと呼ばれるもので、金魚の元祖といわれる「和金」を密度をこくして育てたものです。
今では、夏の最盛期で1日100万匹、年間5000万匹ほどの金魚が出荷されるといい、愛知県弥富町についで全国の4割近い生産量を誇ります。


新木町の金魚養殖池  養殖廃業により池は宅地に転用されている

 


 

まちあるき データ

まちあるき日    平成20年1月


参考資料

@「全国城下町絵図  別冊歴史読本」人物往来社
A「歴史の町なみ 近畿篇」保存修景計画研究会

使用地図
@1/25,000地形図「郡山」平成11年修測修正
A1/20,000地形図「郡山」明治41年測図


ホームにもどる